吉塚のアトリエ 土間打設

年明けから寒い日が続きます。現場作業をされている皆様本当にありがとうございます。

吉塚のアトリエは年明け早々に土間下に敷設するサーマスラブ(土壌蓄熱暖房)のパネル敷き作業が

行われました。電熱パネルの上に山砂100ミリと砕石150ミリを敷込んだ上に土間コンクリートのスラブ180ミリがのります。

またこの建物は一階の床仕上が土間コンクリートとなりますので、サーマスラブ の暖房効果を得るには最適

な条件だと言えるでしょう。サーマスラブ を選定した理由として日中は一階の事務所スペースでの作業が主になり、

夜間は二階の住居スペースでの生活となるわけですが、一階で使った暖房の熱量をうまく二階でも再活用できないかと

考えていたからです。局所暖房でロスしてしまう熱量をうまく一階、二階、時間別に有効利用すると考えた時に、このサーマスラブ が効果的だと判断しています。

昨日の現場は土間コンクリートの打設が終わり、二階の床下地(木下地)工事が始まっていました。

また今日は製作予定のアルミ鋳造外壁パネルやドアの最終形状・納まりの確認打合せを行いました。

打合せの途中で、工場内からの集合がかかり、ちょうど大判の鋳造パネルへの注湯作業を見学させて

もらいました。注湯作業を実際に見れたことで、製作上必ず生まれるという鋳物特有に流れ模様の理由や、

自分が思っていた出来ないことは、出来ることであったりとまたほんの少し鋳造の世界を知ることが

できました。徐々にさらにやりたいアイデアが膨らんでいきます。いまさらですけど・・・まだいいかな?

最後にここ数日、オーナー自ら組み立て、研磨を行い製作してもらいました、アルミフラットバー8mmを

使った外部開口部の化粧水切枠の検品を行いました。

ずばり、建築の精度は常にチリや逃げをいくらとるかという発想で動くことが多いわけですが、今回製作

して頂いた水切は、精度/仕上ともに逃げゼロな仕上がりでしょう。逆に建築側の精度でご迷惑をかけないようにしなければ、、、清水さん宜しくです。

コメントを残す

Spam Protection by WP-SpamFree

detail/紙漉思考室

DSC00346

紙漉思考室の前田さんに大判の黒ベンガラを使った和紙を作って頂きました。

前田さんは福岡からもほど近い佐賀七山に工房を構えている紙漉人。 Details »

nomade design/trace table 002

nmdtable

HOUSE/住山の家 現場

sumiyama house19

兵庫県篠山市住山で計画進んでおりました住山の家一期工事が完成しました。

篠山の土を使った左官仕上げによる天井・壁仕上げが南側の二階高窓から吹き抜けと勾配天井

を介して陰影のある柔らかな光に包まれる居住空間を作り、北側に大きく開いた開口部からの

風景をより際立たせるような効果を描いています。 Details »

Renovation/マンション平和完成

renovation heiwa11

マンション平和無事にお引き渡しを行いました。限られた時間ではありましたが、内覧会も盛況、たくさんの方々に見て頂き、関係者各位ありがとうございました。

 

お客様こだわりの北欧アンティークの家具もお引き渡し前に搬入してくださった事で、少し生活シーンを感じる写真を撮ることもできました。幾分残工事を残してお引渡しとはなりましたが、既存のキッチンの向きを変えたことで見えてきた空間の奥行き、つながりが、重心のある心地よい居住空間を実現できたプランとなったことを実感しました。

詳しい写真などはこちら

YMH内覧会のご案内

 

福岡市南区平和にて設計監理させて頂きました集合住宅一室の改修プロジェクト「YMH」が完成致します。

この度、お施主様のご厚意により内覧会をすることとなりました。お時間の都合がつきましたら、ぜひお越しください。

今日の現場状況の写真です。ご覧の通りギリギリまで仕上げ調整作業となる可能性大ではありますが、福岡市内を見渡す

眺望の良い二つの大きなバルコニーに面したL字型のLDKスペースは、心地よい開放感と適度な奥行きのある距離感を

感じます。こだわりのあるクライアントと素材や色使いなど細かな見所もある仕上がりとなっております。

内覧ご希望の方は、info@design-nico.com 又はプロトハウス事務局まで内覧会希望のご連絡をお願いします。

 

YMH内覧会

日時/2013/3/24(日)11:00 〜 16:00

所在/福岡市南区平和

設計/デザインニコ 一級建築士事務所

施工/株式会社アースビルド

企画/株式会社プロトハウス

 

HOUSE/現場 四箇の家

DSC_4989

四箇の家現場も外壁仕上げ佳境へ。モルタルによる大壁用下地塗りが完了し、十分な養生期間として天日にさらされている姿を見ると「このままもいいなあ」とかまた至らぬことを考えてしまいます。

この後、凹凸のある塗装仕上げを施します。

 

 

YMH/新規リノベート 現場調査

福岡市南区の閑静な住宅街の中にある集合住宅の1室リノベートする計画のため現場調査へ。 Details »

材木探しのピクニック

nomade designの蔵さんにお願いしているオリジナルの家具の打合せと交流を兼ねて

思いつきのようなスケジュールで大川の材木屋さん、工場といくつか視察訪問してきました。 Details »

四箇の家 棟上げ

2012.11.21

着工してしばらくプレカットの打合せ調整や現場大工の方のスケジュール調整などがあり、

しばらく工事がストップしていた四箇の家ですが、無事に先日上棟を迎えました。 Details »

nomade design 時間

nomade design

Details »